読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

平熱

免疫力

セラピスト兼ヨガ・インストラクターのasakaです*

皆さんはご自分の平熱が何度くらいあるかご存知ですか?

因みに今朝の10時に測った私の体温は、
36.89度。
f:id:odayakabiyori:20150721122430j:plain
えっ!微熱じゃないの⁈
と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが(笑)

医学大事典には
「日本人の平均体温は36.8度±0.34度」とあり、36.5度程度が平均体温、それ以下は低体温と言われています。

最近は運動不足やストレス、自律神経の乱れ、薬の飲み過ぎ、冷たい物やお菓子の食べ過ぎ、締めつける下着の着用、ムリなダイエットなどが原因で低体温の方が増えているそう。

体温が1度下がることによって免疫力の主役である白血球が30%以上低下、基礎代謝が12%低下、体内酵素の働きは50%も低下します。

35.5度が恒常的に続くと自律神経失調症、排泄機能の低下、アレルギー症状が出て、
35度はガン細胞が最も増殖する体温!

さらに34度は川や海で溺れた人の命が助かるかどうかの分かれ目‼︎
33度は冬山で遭難し凍死寸前に幻覚症状が出てくる体温(恐)



逆に平熱が36.5〜37度程度になると、
免疫力も高くなるため抵抗力が上がり病気に掛かりにくくなり、
基礎代謝も上がり体内酵素の働きが上がるため太りづらくなり、

血行が良くなるため肌にハリが出て、新陳代謝もよくなるのでシミも薄くなるのだそう♪



夏は冷たいものを摂る機会が増えたり冷房などで血行が悪くなり、意外に身体が冷えているもの。


体温の低い方は
まずは食生活の改善をするため、
[カラダを温める陽性食品]
お肉、魚介類、卵、チーズ、バター、根菜類、生姜、塩、梅干し、醤油、味噌、塩のきいたもの、よく煮たもの、乾物類、時間をかけて調理したものなどを積極的に摂り、

血行を促進させるため、
ヨーガはもちろんのことウォーキングなどの適度な運動と入浴がオススメです☆


余談ですが、
先週の私の体温は36.72度。
f:id:odayakabiyori:20150721153012j:plain
上記に加え、ちょっとした事ですが、
首、お腹、足首を冷やさないように気をつけ、
通常はお白湯やルイボスティー、暑い時はなるべく冷たい飲み物を避け常温のものを摂るように心がけています。

おかげさまでここ何年も風邪や大きな病気もなく健康体☆


低体温を改善し、
代謝力と免疫力をUPさせ、
様々な病気と夏バテの予防につなげていきましょう♪




先日、広島市内に行ったとき
「キレイなマンホールだなぁ〜」と思い思わずパシリ☆
f:id:odayakabiyori:20150721145806j:plain

こんなマンホールまで〜(笑)
さすが広島です☆
白黒バージョンもありました。
f:id:odayakabiyori:20150721150043j:plain


それでは、
本日も穏やか日和の一日を〜。