大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

しっくい塗り風の壁

無の空間と書斎部屋



先月から8畳の和室の壁をしっくい塗りしておりますが、

先日、「うま〜くヌレ〜ル」の漆喰を使い切りました。


ですが、床の間や細かい部分がまだ途中…。


新たに漆喰を買い足す程でも無いし、
どうしたものか…と作業を中断していましたが、

昨日、あるモノを代用して塗ってみました☆


床の間の横部分☆
f:id:odayakabiyori:20160517212315j:image
写真では分かりづらいかもしれませんが、
半分くらい下までしっくい塗り、
(ここで漆喰が無くなりました)
上の方はペンキ塗り。

ローラーでペンキを塗ると作業は早いですが、
このようにペタ〜と味気ない感じになります。


なので…


時間は少しかかりますが刷毛を使い、
ペンキをたっぷり刷毛ムラをつけながら塗っていくと…、


こんな感じに☆
f:id:odayakabiyori:20160517213204j:image

ペンキに石灰を混ぜて漆喰風に塗る方法もあるようですが、私は凹凸のある壁紙を利用してのペンキ塗り。


これを全体に塗っていくと、
f:id:odayakabiyori:20160517213949j:image
しっくい塗り風の壁に☆
見えなくもない…(笑)。


反対側の壁は、一度ローラーでペンキを塗り、
その上から先ほどと同じように刷毛ムラをつけながら、ポンポンポンとたっぷりペンキを塗り、


完成〜♪
f:id:odayakabiyori:20160517214351j:image
正面は、しっくい塗りの壁☆
右側は、しっくい塗りとペンキ塗りの壁。
左側は、ペンキ塗りのみの壁。


やっぱり正面の壁はいい感じ☆
でも遠目から見ると、両サイドの壁も何となく紛れてしっくい塗りっぽい(笑)。

これで壁紙の繊維がぽろぽろと落ちてくることも少なくなりそう♪


この作業をしたことを知らない主人が帰宅し、
和室に入ったら、「漆喰塗ったの⁉︎」っと驚いていました☆


f:id:odayakabiyori:20160518074717j:image


先日まで、この和室と隣りの部屋を
占領していた大きなモノを、離れの古民家に移動させたのでようやく広々空間に☆


これで二人が以前から作りたかった空間作りに大きく前進



8畳間は、必要最低限のモノしか置かない「無の空間」☆


これまで余り広くはないリビングでしていたヨーガや筋トレ、茶道など色々なことが出来るフリースペースに♪


そのお隣りのお部屋は、いろんな部屋に置かれていた二人の書籍を全て一箇所にまとめた「書斎部屋」に♪


まだ手を加えなければいけない部分は多々ありますが(笑)、

これでまた東京にいた時から描いていた二人の夢がひとつ叶いそう☆


本当「想念」の力って凄い!
この事に限らず、こうしたいね、こうなりたいね、と話していたことが次々と実現しています♪


f:id:odayakabiyori:20160518074957j:image


出来るだけ、好きなモノ・使うモノのみに囲まれたシンプル生活を目指すわが家*


まだ取りかかれていない2階と古民家も、
ぼちぼちと、さらに居心地の良い空間にしていくつもりです☆



f:id:odayakabiyori:20160518063918j:image
今朝も素晴らしい朝日☀︎



本日も穏やか日和の一日を〜。