読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

伝統工芸品を日常づかいに

こころが和むもの



お客さまには、ガラスのティーポットを使っていますが、



日々使用しているのは、
こちらの「南部鉄器の急須」☆
f:id:odayakabiyori:20170208094422j:image

これはもう何十年も前、
母が友人と岩手県盛岡市へ旅行した際、
南部鉄器の工房に行き、購入したもの。


自宅に居たときから気に入っていたので、
家を出る際に譲り受け、長く愛用しています☆



今はカラフルなモノや可愛いフォルムのモノも
販売されていますが、


この昔ながらの
「波千鳥文様」も可愛い。
f:id:odayakabiyori:20170208100856j:image



保温性が高く 水切れがよい

これでお湯を沸かしているわけではありませんし、
急須は内面にホーロー加工をされているものがほとんどだそうで、残念ながら鉄分補給には繋がっていないようですが、


使用したあと、サッとすすぎ洗いし、
外側やフタの水けを拭き、
ふきんの上で乾かすだけで済むので
お手入れも簡単。


保温性が高くて、注いだときの水切れもよく、
日々重宝しております☆



長いお付き合い

こういった伝統工芸品が昔から好きです。

江戸時代から続く「南部鉄器」は、
なんと国が指定する
伝統工芸品 指定第一号なんだそう☆



鉄瓶や鉄フライパンを日々使用することで、
鉄分補給にもつながり、

使えば使うほど良くなり、
長く使い込むことで変化し味が出る「南部鉄器」。



南部鉄器の鉄瓶も実家にあったのですが、
今はもう無いのだそう。残念…。


使うたび、
職人さんの技術の素晴らしさが感じられ、
心をホッと和ませてくれる南部鉄器の急須☆


ガラスと違って割れることはないので、
引き続き長いお付き合いになりそうです*




f:id:odayakabiyori:20170208114649j:image


本日も穏やか日和の一日を。