大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

久しぶりの帰省


先週末、5.6年ぶりに主人の実家に帰省しました。
この間、主人の仕事の都合などで引越しが続き、
私たちが実家に帰るより
お互いの両親に来て頂くことが多く
かなり久しぶりの帰省。


お墓参り

帰省するにあたり一番行きたかったのが
主人のご先祖さまが眠るお墓参り。


朝から掃除をして菊をお供えし
いつも守って頂けていることの
感謝の気持ちをお伝えしました。


(タイミングよく鳥が♪)


主人の実家は京都ですが
市内ではなく日本海側。
毎日、海を見て過ごしているので
海を眺めるとやはり落ち着きます。


活ふぐ料理

一日色々案内してもらい満喫したあと、
夕食は主人の父が
仕事でよく行かれていたという
料理旅館「由幸(よしこう)」さんに
連れていって頂きました。



お隣りの福井県にあり
中々気軽には行けないような場所でしたが
自宅からお店まで送迎をして下さるので安心☆


ふぐのフルコース
私は知らなかったのですが
福井県はとらふぐの産地なのだそう。


こちらのふぐは
贅沢にもエサに「いかなご」を与えているので身が黒くならないのだとか。

 

確かに身が透明で薄くピンクがかっていて

とてもきれいな色☆

 

f:id:odayakabiyori:20170523122226j:image

 

てっさから始まり

ふぐときゅうりの酢の物

ふぐの漬けの握り

ふぐと穴子の茶碗蒸し

なまこ酢

焚き合わせ

  

 

 「しまあじ」をメインとする

f:id:odayakabiyori:20170523101330j:image

豪華なお刺身の盛り合わせ☆ 

 

 

f:id:odayakabiyori:20170523101407j:image

ふぐの身と皮のぬた和え

ふぐの塩麹焼き

白子の石焼き

ヒレ酒

 

 

ふぐの唐揚げ☆

f:id:odayakabiyori:20170523101524j:image

 

てっちりの後のお楽しみ♪

f:id:odayakabiyori:20170523101604j:image

雑炊まで☆

 

一生分のふぐを食べたのではないかと

思うくらい  笑、

定番のふぐ料理から

初めて食べる珍しいお料理まで 

ふぐのフルコースを堪能させて頂きました♪

 

作り手側の愛情が伝わるお料理の数々、

とってもとっても美味しかったです。

ご馳走さまでした。

 

 

 f:id:odayakabiyori:20170523102439j:image

 

 

坐禅会へ

最終日の朝、主人の母が

10年間通われているという

お寺の坐禅会へご一緒させて頂きました。

 

撮影は控えましたので写真はありませんが

とっても気持ちの良いお寺で

お手入れが行き届いたお庭を歩き

よい気が流れているのを感じます。

 

ご住職やそのお母さま、奥さまも

気さくに声をかけてくださり

素敵なお人柄が伝わってきました。

 

 

調身・調息・調心

東京にいた時も

坐禅会に参加したことがありますが、

久しぶりの坐禅の時間。

 

坐禅の基本は、

「調身・調息・調心」。

まず姿勢を整え、次に呼吸を整えることで

心が整うという教え。

ヨーガと通じるところがたくさんあります。

 

最後、読経の中で

「親孝行」についてのお話があり、

まだまだ親孝行が足りていないなと

ちょうど思っていたところに

このお話が聴け、有り難かったです。

 

坐禅会が終わったあとご住職から

坐禅に慣れていない人はゴソゴソふらつくのに

しっかり腰が立っていて安定していましたね」と

言って頂きました。

 

母が「ヨガを教えてるんです」と言うと

「やっぱり!お手本のような坐り方でした」と

またまた有り難いお言葉を頂戴しましたが、

 

これ以上長いと集中力が切れそう…という

手前で一度休憩が入ったので

最後まで姿勢を保つことができましたし、

両足を組む結跏趺坐での坐禅

少し足が痺れそうになりました  笑。

 

月に一度行われているこちらの坐禅会。

よいタイミングで参加でき

母のお知り合いの方々ともお会いでき

貴重な時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 f:id:odayakabiyori:20170523115146j:image

 

 

両親の背中

主人の父は若い頃から

朝早くから走ったり泳いだり

帰宅してからも筋トレしたりと

常に身体を鍛えている方。

 

昨年腰を痛めてから、走るのをやめて

自転車を漕いでいるそうですが、

私たちが帰省している間も

朝5時前から起きて自転車で走りに出ていました。

 

 

そういった父の背中を見て育った主人。

子どもの頃は中々同じようには

できなかったようですが、

 

今ではそれをしっかり受け継ぎ、

同じように朝早く起きて走ったり

仕事が早く終われたときは

帰宅してから走ったり

スキマ時間に筋トレしたり、

日々、身体を鍛えています。

 

来月にトライアスロン大会が迫っているのもあり

今回の帰省中も

ランニングシューズを持参して

朝早くからかなりの距離を

ランニングしていました。

 

父が今も変わらず身体を鍛え続けていらしたり

母が10年間、坐禅を続けていらしたりと

こういった両親の背中を見て育ったから、

 

主人も同じように日々身体を鍛え、

コツコツと地道に学び続ける習慣が

ついたのだなぁと改めて感じました。

 

 

 f:id:odayakabiyori:20170523115117j:image

 

 

年に一度くらいは

 この二泊三日の間に
主人のご両親と最近の近況報告や
知らなかったお話まで色々聴くことができ、

 

母と色々な共通点があったり

好みが似ていることが分かったり、

父と主人がお酒を酌み交わし

二人とも嬉しそうにしている姿を見ているのが

とても心地よく、


何だかこういう時間を持てるっていいな

大切にしないとなぁと

幸せな気持ちになりました。

 

これまで引越しが多かったり

仕事が忙しかったりで

中々帰省する時間と気持ちの余裕が

持てませんでしたが、

年に一度くらいはお互いの実家に

帰省するようにしたいねと

主人と話しながら帰宅の途につきました☆

 

私も少し運転を交代しましたが

ほぼ主人が車を運転してくれました。

長距離運転お疲れさまでした。

 

行きの運転で汚れた車を

主人の父がキレイに洗車してくださり

感謝です。

 

母のホテルや旅館のような朝食も

とても美味しかったです。

ご馳走さまでした。

 

 

島の恵み

ちょうど帰省するタイミングで

主人の職場の方から「破竹」を頂いたり、 

f:id:odayakabiyori:20170523115957j:image

 

お隣りの方から

実家に持っていくのなら…と

採れたての新鮮なトマトを頂いたり、

f:id:odayakabiyori:20170523120316j:image

 

ご近所の方から

シークワーサーを収穫させて頂いたり、

f:id:odayakabiyori:20170523120610j:image

島の恵みのお土産に持っていくことができ

とても喜んでもらえました。

有難うございました。

 

 

先週末から暑い日が続き

帰省から戻ったら

わが家の畑のきゅうりが

すっかり弱っていました。

また持ち直してくれるとよいのですが…。

 

昨日も一日、外で過ごしていたので

私も顔やデコルテ、腕がヒリヒリします  笑。

 

 

長くなりました。

本日も穏やか日和となりますように。