大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

どんな状況になろうとも

 

先週末、

フェリー内のTVで、

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に罹患した

40代の女性が、

今ある僅かな筋力を使いながら、

前向きに生きる姿を

たまたま観る機会に恵まれました。

 

 

f:id:odayakabiyori:20181114073902j:image

 

 

筋力が徐々に低下

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、

運動神経系が少しずつ衰え、

手足や舌、のどの筋肉や呼吸に必要な

筋肉が痩せ、徐々に筋力が低下する病気。

 

 

この女性も、

一番罹りたくない病気と仰っていました。

 

ですが、

このような難病に罹っても

家で何か仕事がしたい

誰かの役に立ちたいと、

 

在宅就労できる

カウンセリングの技術を学ばれ、

 

TV電話を利用して、

高齢者の方のお話を聴くカウンセラーの

お仕事をされていらっしゃるのだそう。

 

 

自分なら

ただただ感銘を受け、

 

自分が同じ立場になったとき

どんな風になるのだろう

何ができるのだろう…

色々考えさせられました。

 

 

現在、

自分にとって大きな取り組みが幾つかあり

来週には、また1つ増えることもあって、

 

時間を上手くやりくりしながら

色々な課題をクリアするという

充実した日々を過ごしつつも、
 

上手くやり切れるかしら?と

少し弱気になっていた自分に、

「喝」を入れて頂いた気持ちに。

 

 

f:id:odayakabiyori:20181114081022j:image

 

 

役に立つって

人の役に立つって

直接的なことだけでなく

間接的なことでも可能なのだと

いつも思います。

 

以前、

樹木希林さんが主演されていた

映画「あん」を観たときも

同じような想いになりました。

 

 

流れに逆らわず

すべて自分で挑む方を選択しておきながら、

なに贅沢なことを思っているのだろう。

 

自由に動ける身体でありながら

なに甘えたことを思っているのだろう。

 

…本当、反省です。

 

 

どんな状況になろうとも

前を向いて、人生を歩まれている方々から

沢山のパワーを頂き、

 

適度に自分に負荷をかけながら、

限りある命、時間を大切に

過ごしていきたいと

改めて気づかされた出来事でした。

 

 

f:id:odayakabiyori:20181114081553j:image

 

今日も朝から

アロマテラピーや解剖生理学の

研鑽を積みに島外へ☆

 

 

本日も穏やか日和の一日を。