大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

広島市内散策<後編>

ちょうどいい

セラピスト兼ヨガ・インストラクターのasakaです*

前編の続きです〜。

灯りを頼りに歩いていくと面白そうなお店を発見!

f:id:odayakabiyori:20150421070505j:plain
中には、広島カープのユニフォームを着た人たちがいっぱい!

一瞬躊躇したものの焼き鳥が美味しそうでしたし「THE  広島‼︎」という感じのお店だったので(笑)入ってみることに〜☆

メニュー表☆
f:id:odayakabiyori:20150421121250j:plain

黒田選手とマエケン選手、あと緒方監督くらいしか分からない私にはちんぷんかんぷん(笑)

f:id:odayakabiyori:20150421121346j:plain

隣の席では「新井を三本、ジョンソン三本…」と注文する声が〜!(笑)

私たちは、とりあえず黒田選手セットや一品料理を幾つか頼み店内をキョロキョロ。

雰囲気に圧倒されながらも、お料理を頂くとどれもとても美味しくて大満足♪
焼き鳥好きの二人に笑みがこぼれます☆

ほどほどにお腹を満たしたところで二軒目を探します〜。

広島料理といえば…
f:id:odayakabiyori:20150421122446j:plain

広島焼き☆
f:id:odayakabiyori:20150421122520j:plain

焼き牡蠣☆
f:id:odayakabiyori:20150421122706j:plain

広島三昧♪

その他広島料理を幾つか満喫したあと20時過ぎにホテルへ戻り、最上階にある展望風呂で癒され早めの就寝〜☆

午後から主人は大崎上島で予定があった為、5時前に起き朝風呂に入り朝食バイキングを堪能して8時前にホテルをチェックアウトしてJR広島駅へ。

ここまではかなり順調〜☆

f:id:odayakabiyori:20150421123715j:plain

…だったのですが「安芸津駅」まで行きたいのに「坂駅」や「広駅」という手前の駅までしか行かない電車ばかり(汗)

とりあえず広駅が一番安芸津駅に近いので、広駅行きの電車に乗ることに〜。

1時間10分ほどで広駅に到着☆
そして乗り継ぎの電車の時刻を見てみると次の電車はなんと50分後‼︎

朝のラッシュ時には3分毎、それ以外の時だと10分や15分毎に電車が来るような所でずっと生活していた私には衝撃的!

よく考えたら、そちらの方が異常なんですけどね(笑)

なんとか無事に11時前に「安芸津駅」に到着〜♪
したのですが、一つ気になることが…。

そう「濃霧」!

真っ白な「安芸津港」
f:id:odayakabiyori:20150421130941j:plain

やはり
「濃霧の為フェリー欠航」
の貼り紙が!
f:id:odayakabiyori:20150421131041j:plain

ついに「コレ」を体験する時が来ました〜。

皆さん文句も言わず、まわりの方とお喋りしたり近くにお店があるのか食べるものを購入しに行ったりしながら、霧が晴れるのを待ちます。

待っている間に色々な人たちが窓口に来て「いつ動くか分からんよ〜どうしても行くの?」と窓口の方が仰られても「とりあえず仕事があるから島に渡らんと〜」とフェリーの切符を買われていて、

「いつもこうやって大崎上島まで食料品や荷物、石油などを運んで下さっている方たちに支えられていたんだなぁ〜」と、とても有難い気持ちに…。

色々トラブルがありながらもなんとか少し霧が晴れてきてフェリーが動くことに♪

当たり前のことなんて何もない。
いろんなことが有難く感じる…。

f:id:odayakabiyori:20150421135851j:plain

大崎上島に着いた途端に呼吸が深くなるのを主人と二人で感じ、
「やっぱり大崎上島が私たちにはちょうどいいね。
やっぱり大崎上島は落ち着くね〜。」
と話しながら無事帰宅☆

自然と共存して暮らす
島で暮らす

って色々不便なこともあるかもしれませんが、
やっぱり私たちは人混みや電車は苦手…。


やっぱり大崎上島がちょうどいい♪
そのことを再確認出来た珍道中の旅でした〜。

久しぶりの人混みに酔ったのか今日は二人共知恵熱が(汗)
とても今年の一月まで東京で暮らしていた人とは思えません〜。
その頃から苦手でしたが、
すっかり心と身体が大崎上島仕様になっている様子(笑)


今日も穏やか日和の一日を〜。