大崎上島*穏やか日和*

瀬戸内海の大崎上島に住むセラピストでヨーガ・インストラクターのasakaが綴る心豊かで穏やかな暮らし。

梅仕事って

手塩にかける

 

先月、「さしす梅干し」を仕込んだあと

 「梅干し簡単袋漬け」も

仕込んでみました。

 

昨年とはまた違う漬け方。

 

 

作り方

f:id:odayakabiyori:20170725092255j:image

【材料】

・梅 1キロ(約25コ)

・塩 130g(梅の13%)

・きび砂糖 65g(塩の半量)

 

①梅を1時間水に浸けアク抜きし

なり口を取り水気を拭いて

食品用ポリ袋に入れる

f:id:odayakabiyori:20170725105405j:image

 

②塩ときび砂糖をボウルで混ぜ合わせ

f:id:odayakabiyori:20170725105234j:image

 ①に入れる

f:id:odayakabiyori:20170725105339j:image

きび砂糖を使うと

しっとりジューシーになり

皮も柔らかくなるのだそう

 

③重石を使わないので

出来るだけ空気を抜いて

(カビが生えにくい)

しっかり縛る

f:id:odayakabiyori:20170725105736j:image

 破れることもあるので

ポリ袋を2重にする

 

④梅酢が上がるまで

室温で

タッパー等の容器の中に入れ

1週間ほど置く

f:id:odayakabiyori:20170725110015j:image

※1日1回、袋の底をなでてあげると

梅酢が早く上がる

 

⑤白梅酢が上がれば

赤紫蘇漬けまで冷蔵保存

 

⑥赤紫蘇をもみながら砂を落とし

5〜6本/正味130〜150gに対して

塩大さじ1で塩もみして

アクを出す

 

アクを絞ってもう一度

塩大さじ1で塩もみして

アクを出す

(私は赤紫蘇ナシで作りました)

 

⑦ポリ袋を新しいものに替え

⑤⑥を入れ優しく揉み

タッパー等に入れて

梅雨明けまで冷蔵庫の中で保存

 

⑧「土用干し」

f:id:odayakabiyori:20170725123616j:image

キッチンペーパーで

梅の汁をとり

f:id:odayakabiyori:20170725123735j:image

はじめはキレイに拭いていましたが、

こんなことをしている間に

日が暮れてしまう〜と、

最後はこんな感じに  笑

f:id:odayakabiyori:20170725123942j:image

それをザルに並べ

f:id:odayakabiyori:20170725124019j:image

三日三晩夜露にあて、

 

表面にシワが寄り

色が薄くなったら

干し上がり。

f:id:odayakabiyori:20170725122659j:image

 

⑨保存容器に戻す前に

梅酢に潜らせると

しっとり仕上がる

f:id:odayakabiyori:20170725122841j:image

2・3ヶ月すると

味が馴染んで完成☆

 

 

 

梅仕事

昨年は

少ししか漬けられなかったので

すぐ無くなってしまいましたが  笑、

 

今年は

梅の実りが良かったようで

有難いことにたくさん

分けて頂けたおかげで

 

f:id:odayakabiyori:20170725125416j:image

 

他にも梅酒

酵素シロップ

梅の甘露煮風を

作ることができました。

有難うございました。

 

 

「手塩にかける」と

言うように

 

毎日、

袋の底を撫でたり

ビンを揺すったり

手でかき混ぜたり

声をかけたりして  笑、

 

何だか本当に

育てていく感じで、

 

そういうことも含めて

梅仕事っていいなぁと。

 

 

 

何を大切にして

仕事と家事に追われていた時、

気持ちと時間の余裕が

全くない時期がありました。

 

働き方をセーブして

初めてしたことは

梅仕事。

 

 

仲良くなった

同じマンションに住む方と

梅酒と梅干しを

一緒に作ったとき、

 

「あー、私って

こういうことがしたかったんだなぁ」と

何を大切にして暮らしていきたいのかが

明確になった瞬間でもありました。

 

あの時作った

梅酒と梅干しの

感動の美味しさ

今でも忘れられません。

(Mちゃんお元気ですかー?)

 

 

そんなこんなで

気づけば離島で暮らしている  笑。

 

人生って何が起こるか分からない。

だからおもしろい。

 

 

 f:id:odayakabiyori:20170725132047j:image

 

 

どこに住んでも

良いご縁に恵まれ感謝です。

 

 

穏やか日和となりますように。